読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびりやさんな娘と天使になった息子のママblog

H26.8.12生まれの長女はFGR児。2歳4ヶ月の時に、4p-症候群と判明 。H29.3.30 同じく染色体異常の長男を21w0dで死産。H29.4.4 お空に旅立ちました。

今の気持ち。

纏まらないと思うけど、今思ったことを思いのまま綴ります。





全く同じ経験した人なんて、なかなかいないよね…
ネット見てても死産っていっても

  • 母体内で心停止
  • 何かしら奇形があった
  • 生まれても生きられない状態(染色体異常含め、言い方悪いかもだけど、“仕方ない”死産


ばかり。
あとは初期の流産。

わたしみたいに、
“第二子。上の子も染色体異常があり、今後知的等の障害が生じる可能性あり。自分が転座保因者のため、2人目も同じ染色体異常が羊水検査によりわかってしまい、障害を持つ子を2人も育てられない、と悩んで悩んで中期(ギリギリの21w)で堕胎した。”
なんて人は誰1人として見つけられなかった。

…同じ人なんているわけないよね。




息子は生まれて生きられる子だった。
心臓だってずっと動いてたし、奇形もなかった。
ただ、私たち両親が、2人目も障害のある子を育てる自信がないという理由で失われた命…(•̩̩̩̩_•̩̩̩̩)

なので、わたしは人一倍…いや、何百倍、何千…何万倍もすごく罪悪感に苛まれている…
すごく悪いことをしたと思っている…
生まれて生きられる命を親の選択で絶たれてしまったのだから(。º̩̩́⌓º̩̩̀).゜


本当はちゃんと産みたかった。
わたしは息子も染色体異常があるとわかってからも、ずっと産む気でいた。産んで育てようと決めていた。
堕ろすなんて考えられなかった。絶対嫌だった。
でも周りに産むのを反対されていた。(主人含め両家の母共に大反対。義母なんて大袈裟すぎない⁈ってくらい悪い方に話膨らめてきて、その話された時気分悪くなった。義母はケアマネしてて、障害持ってる人沢山みてるからね…「変な歩き方して変な目で周りから見られたら本人(我が子)がいちばん辛い思いするよ⁈」等々言われてそれには「そこまで言う?」って正直イラッとした。)

こんなんじゃ、せっかく生まれてきたのに誰からも祝福されないお腹の子が可哀想(。º̩̩́⌓º̩̩̀).゜只でさえ妊娠中も実母からも義母からも“おめでとう”って言われなかったのに…。
娘と同じように手が掛かっていき、周りの助けが必要なのに、周りの意見を押し切って産んだら助けてもらえなないかもしれない…私たちの亡き後、この子達はどうなってしまうんだろう…どうしたらいいんだろう…
とか考えてしまった。結局は自分のことばかり考えてたのかもね(´×ω×`)
でも、お腹の赤ちゃんのこともちゃんと考えてたよ?
生まれる前に異常があるのがわかってたのに、それでも親のエゴで生まれて、後々自分の子どもが苦労して辛い思いして人生を送っていくのは嫌だ…




…なんか話段々ずれてってるね…