のんびりやさんな娘と天使になった息子のママblog

H26.8.12生まれの長女はFGR児。2歳4ヶ月の時に、4p-症候群と判明 。H29.3.30 同じく染色体異常の長男を21w0dで死産。H29.4.4 お空に旅立ちました。

思い出したこと~前処置

子宮口を広げるためのラミナリアの処置。
本来のお産ならやらなくてもいいはずの処置…
あの処置のことは今でも忘れられない。

10時に入院して一回目が14時台。
この時は痛みはあったけどまぁ我慢できるくらい。
処置もすぐ終わった。まだラミナリアの本数が少なかったから?
ただ、お股の違和感が半端なかった(´×ω×`)

2回目は次の日の午前中。
看護師さんに「1回目よりは子宮口広がってるので、1回目よりは楽だと思いますよ」って言われたけど、決して楽ではなかった…
我慢できないほどではなかったけど、1回目より痛かったよー😖
お股の違和感は相変わらず。
次の処置に呼ばれるのが怖い…
とずっと思っていた(。ŏ﹏ŏ)
処置の痛みがあり、痛み止め内服。


3回目はその日の夕ご飯前。
この時が本当痛くて、しんどくて、マジ泣きしてしまった(。ŏ﹏ŏ)
子宮の中を先の尖った金属棒で突かれたり、つままれてる感がすごくて思わず「痛い…」て声と涙が出て来た。
あまりの痛みにDr.を恨むところだった(´×ω×`)
膝裏は汗でびっしょり。どうしても膝に力が入ってしまっていた。
Dr.も、付いてくれた助産師さんも頻回に声かけしてくれたり、助産師さんは足をさすってくれたりしてたけど、返す言葉も出ないくらいの激痛…
痛くて辛くて本気で泣いた。
あまりにもわたしが辛そうにしてたからか?ピッチでヘルプの看護師さんを呼んでDr.介助の方を代わってもらっていた。
助産師さんがカーテンで仕切られた反対からわたしの方に来てくれて、泣いてるわたしにティッシュをわたしてくれ、優しく声をかけてくれて、肩をさすってくれた。
その助産師さんの心遣いが有り難くて余計に涙が出た。

お腹の中の赤ちゃんを無理やり出すための処置…
“赤ちゃん、痛いよね…辛いよね…苦しいよね…ごめんね…ごめんね…(。º̩̩́⌓º̩̩̀).゜”
痛いのは、辛いのはわたしだけじゃない。赤ちゃんもなんだ(。º̩̩́⌓º̩̩̀).゜と思うと更に涙が出て来た。

なんども、「もうやめて…」と思い、口から溢れそうになった…でも、もう後戻りできないことは自分で痛いほどわかっていた。

この時、本当に時間が止まったかのように時間が長く感じた。

終わって、助産師さんがお部屋まで付いて来てくれた。
何とかしっかり歩けた。
処置による子宮のあたりの痛みがあって夕食後に処方してもらっていたロキソニンを内服した。
ロキソニン…妊婦だったら飲めないのにね…
もう赤ちゃんに移行しようが関係なかったんだよね…(•̩̩̩̩_•̩̩̩̩)