のんびりやさんな娘と天使になった息子のママblog

H26.8.12生まれの長女はFGR児。2歳4ヶ月の時に、4p-症候群と判明 。H29.3.30 同じく染色体異常の長男を21w0dで死産。H29.4.4 お空に旅立ちました。

判明と決断するまで。

先週の今日は息子を出産した日。

先週の今頃は…って想い出したら止まらない。

 

娘が4p-だと判明した時、既に息子はお腹の中にいた。

わたしたち両親の検査もしたらわたしが転座保因者だった。

そのため、

「お腹の赤ちゃんももしかしたら上の子と同じ症候群かもしれない」と遺伝科のDr.に言われた時、わたしはどん底に突き落とされたような気持ちだった。

羊水検査を勧められたけれど、その時のわたしにはそんな気更々なかった。

だって、検査して陽性だったらどうする?お腹の中で元気に成長してる我が子の命を自らの決断で失うなんて絶対にできない。そう思っていた。

それからの日々は娘の育児に追われながら、時々検査のことを思い出す程度だった。だってわたしは産む気しかなかったから。

でも主人やお互いの母親は、「今回はこの子は諦めなさい」の一点張り。最終的に決めるのはお腹の子の親であるわたしたちなのに周りにあーだこーだ言われるのがすごく嫌だった。だから、いつも返事は「うん、考えとく」。こう返していた。

 

わたしなりに色々考えて羊水検査は受けることにした。でも後々検査したことを後悔することに😩

 

 

3週間くらい後、検査結果を聞きに周産期センターへ。

本当行きたくなくて行きたくなくて堪らなかった。

陰性であることを信じて…

 

 

が、結果は陽性。

お腹の赤ちゃんも4番の染色体異常だった。

 

信じたくなかった。

「なんでこの子が⁈」

「なんでわたしたちだけ⁈」

「二人ともなんて…(。º̩̩́⌓º̩̩̀).゜」

 

帰りの車の中は主人もわたしも無言。

わたしは涙が止まらなかった。

お腹をさすりながら「なんで?なんで?!」って。

家に着いてからも本当はなにもしたくなかったけど、娘がいるのでご飯食べさせてお風呂に入れて…本当普段通り。

 

 

お腹の子も染色体異常とわかってもわたしは産む気でいた。

だって、やっぱり諦めることなんてできない。

17wに入った頃から胎動を感じ始めた。

娘の時は19wギリギリで初胎動だったので、きっとこの子は意志の強い子なんだと思っていた。

胎動がしっかりしてくるにつれ、どんどん愛着が湧き、堕ろすなんて選択肢はわたしの中でどこにもなかった。

 

 

決断するまで2.3回周産期センターを受診してDr.の話を聞いたけど、わたしが決断をしたのは本当決めなければならないギリギリ、20w3dだった。

 

Dr.に「どう?考えられた?」って聞かれて、

「本当は産みたいけど、堕したくないけど、上の子のこととか家族のこと、生まれてくる赤ちゃんのこと全部考えて、今回は諦めることにします…」

と言った。

話してる時涙が溢れて、ポロポロ出てきて止まらなかった。

それから、Dr.は医者としてではなく、一人の人間としての思いを話してくれた。

このDr.は娘の時にもお世話になった主治医だったので、わたしも主人もとても信頼していた。勿論今でも信頼している。

だから余計に、あの時わたしがした決断はあれでよかったんだと思える。

 わたしたちがこの決断をした前々日、わたしと主人とお腹の息子と3人でわたしと主人が大好きなケツメイシのライヴに行った。2Daysチケットは取れていたのだが、わたしは妊婦だったのであまり身体に負担をかけないように、てことで2日目だけの参戦。飛び跳ねたりしないことを約束しての参戦。

 最後に3人でお出かけできて良かった。息子はライヴ中、ポコポコグニーンって元気にしてた。爆音にびっくりしちゃったのかな⁈

 

病院受診した次の日から入院。

入院に足りないものをショッピングモールに買いに行き、少しブラブラしてその日は実家へ。

夜帰宅し、入院準備と明日からの娘のご飯の作り置き(冷凍ストック)と、義母にも娘のお世話をしてもらうことになっていたので、娘のお世話のマニュアルをつくり、ベッドに入ったのは2時近くだった。

 

この日はわたしの人生の中で三本指に入るくらい辛い、辛い1日だった。